パチンコとスロットの違いとは?ルールや遊び方・仕組み・種類を解説【初心者向け】

パチンコとスロットの違いとは?ルールや遊び方・仕組み・種類を解説【初心者向け】

日本人のギャンブルとして、最も馴染みのあるパチンコとスロット。

「言葉は聞いたことがあるけど、両者の違いがわからない…」

と疑問に思う方もいることでしょう。

この記事では、パチンコとスロットの違いについて解説するとともに、初心者にはどちらがおすすめなのかにも触れていきます。

パチンコが24時間スマホで打ち放題!

バナー広告

新クイーンカジノでは、CR機や現行のP機が24時間、ネット経由で現金遊戯可能です。

パチンコ・パチスロは、現在では約300機種以上が設置されており、その数は日々増え続けています。

まずは、会員登録で入金不要ボーナス88$&フリースピン88回をゲットしましょう。

\出玉規制前の爆裂機が遊べる!/

無料登録

パチンコとスロットの違いとは?

パチンコとスロットの違いとは?

これからパチンコとスロットを遊技しようとしている人にとって、両者にどのような違いがあるのかを理解しておくのは、とても大切です。

パチンコとスロットそれぞれの違いを知っておくと、自身がどちらの遊技に向いているのかを判断できます。

ここでは、パチンコ・スロットの違いを

  • ゲーム性の違い
  • レートの違い

以上2つの観点から順番に解説していきます。

ゲーム性の違い

パチンコとスロットの違いの1つとして、ゲーム性が異なる点が挙げられます。

パチンコは、大当たりするまで盤面の左側を狙って玉を打ち出し、大当り後は画面の指示にしたがって右打ちをすることで出玉を獲得できます。

一方スロットでは、毎ゲームリール内の決められた図柄を目押しして、小役を揃えながらメダルを増やし、大当りを目指していきます。

大当り後も、目押しを求められた場合は決められた図柄を狙って、リールを停止させなければなりません。

パチンコは、画面の指示に従って左打ちと右打ちを使い分けるだけで遊技できますが、スロットはリール内の決められた図柄を停止させる必要があるので動体視力が求められます。

また、パチンコとスロットのゲーム性の大きな違いとして、設定の有無も挙げられます。

設定とは、スロットに搭載されている機能であり、スロット台は基本的に1から6の6段階いずれかの設定がセットされています。

設定は、数値が大きくなるほど出玉を獲得しやすい設計となっており、6に近い設定いわゆる高設定を遊技することで、スロットは勝率を上げることが可能です。

以上のことから、パチンコとスロットは技術介入・設定の有無による違いで区別できます。

パチンコバナー

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

新規登録で特典ゲット!

レートの違い

パチンコとスロットの違いとして、レートが異なる点も挙げられます。

レートとは、メダル及びパチンコ玉1つあたりの貸出料金を指す言葉です。

パチンコ店にもよりますが、

  • パチンコのレート:1玉あたり0.5円・1円・4円
  • スロットのレート:5円・10円・20円

で設定されていることが多いです。

レートの話だけ聞くと、

「スロット方がレートが高いので、大きく負けるのでは?」

と初心者の方は思いがちですが、そういうわけではありません。

パチンコは、始動口に玉が入らないと1回転しないのに対し、スロットはメダルを3枚投入すれば確実に1回転遊技することができます。

この1000円あたりで遊技できる回転数の違いから、パチンコ・スロットのレートに差があっても、負け額の違いに差はあまりない状況です。

そのため、自身の財布の状況と照らし合わせて、身の丈に合った遊技をしましょう。

当たるパチンコ台の選び方とおすすめ人気機種9選【2024年最新】 当たるパチンコ台の選び方とおすすめ人気機種9選【2024年最新】

パチンコとスロットのルールや遊び方の違い

パチンコとスロットのルールや遊び方の違い

パチンコとスロットのゲーム性の違いについて、ある程度理解いただけたかと思います。

ここからは、パチンコとスロットそれぞれのルールや、遊び方による違いを解説していきます。

両者のルールと遊び方をしっかり理解して、遊技する際につまづかないようにしておきましょう。

パチンコのルールと遊び方

パチンコは、筐体左側にあるサンドと呼ばれるパチンコ玉の貸出機にお金を投入し、貸玉ボタンを押すことでパチンコ玉が供給され遊技できます。

パチンコ玉が出てきた後は、盤面左側に向かって玉を打ち出し、始動口に玉を入れ大当りを抽選する保留を溜めていきます

保留はパチンコ台にもよりますが、基本的に4つまでしか溜められないので、保留が4つ溜まった時点でパチンコ玉を打ち出すのを止めましょう。

保留が4つ溜まった状態で始動口にパチンコ玉を入れても、大当りの抽選をしないので損をしてしまいます。

大当りした場合は、盤面に右打ちをするように指示された時に、パチンコ玉が盤面右側に打ち出されるようにハンドルを大きく右に回します。

基本的に右打ちの指示がなくなるまで、右打ちは継続するようにしましょう。

大当り後に確変に入っていれば、通常時と同じく保留を溜め、次の当たりを目指します。

しかし、大当り中の保留は、盤面右側にある始動口にパチンコ玉を入れ溜めていくので、常に右打ちで消化する必要があります。

パチンコの場合、何をするべきなのかが盤面に表示されていることが多いので、初心者の方でも遊技しやすいといえるでしょう。

オンラインカジノでパチンコが遊べるおすすめサイト3選【2024年最新】 オンラインカジノでパチンコが遊べるおすすめサイト3選【2024年最新】

スロットのルールと遊び方

スロットは、筐体右側にあるサンドと呼ばれるメダル貸出機にお金を投入し、貸メダルボタンを押すことで、台にメダルが供給され遊技できます。

メダルが出てきた後は、筐体右側にあるメダル投入口にメダルを3枚入れ、レバーを叩いてリールの停止ボタンを3つ押すことで大当りの抽選が行われます。

スロットは、場合によってはリール内の特定の図柄を狙って、小役を揃えなければなりません。

小役が揃えられないと、メダルの払い出しが受けられない場合があるので、損をする可能性があります。

大当り後は、基本的に台の指示にしたがってリール停止ボタンを押し、メダルを増やしていきます。

ただし、通常時と同じく場合によっては、小役獲得のためにリール内の図柄を狙う必要があるでしょう。

スロットでは、通常時に大当りしやすい場合とそうでない場合といった、状態やモードといった概念が絡み合っており、やめ時を間違うと損をする可能性もあります。

スロットは、動体視力や遊技台についての知識を求められるので、パチンコよりも少し敷居が高い遊びといえるでしょう。

パチンコの勝ち方7つのコツ!台選びや立ち回り方をプロが伝授【初心者向け】 パチンコの勝ち方7つのコツ!台選びや立ち回り方をプロが伝授【初心者向け】

パチンコとスロットどちらが勝ちやすいのか

パチンコとスロットどちらが勝ちやすいのか

ここでは、パチンコとスロット結局どちらが勝ちやすいのかについて、

  • 勝ち金額による比較
  • 勝率による比較

以上2つの観点から、順に解説していきます。

勝ち金額による比較

勝ち金額で比較すると、スロットよりパチンコの方が大きく勝てる可能性があるといえるでしょう。

パチンコは、年々1時間あたりの出玉速度が上昇しています。

出玉速度の早いパチンコ台は、1時間当たり80,000発出る仕様となっているので、仕事帰りのサラリーマンでも大勝できる可能性を秘めています。

スロットは、出玉速度が早い台でも、パチンコ換算で約30,000発程度が限界なので、パチンコの出玉速度が異次元であることがわかります。

しかし、パチンコ・スロットともに近年の規制で、スロットは19,000枚パチンコは95,000発獲得すると強制終了する仕様になっています。

勝ち金額に限界はありますが、より短時間で大勝できるといった観点から比較すると、パチンコの方がより多くの勝ち金額を獲得できるといえるでしょう。

【最新】パチンコ出玉時速ランキングTOP10【2024年】 パチンコ出玉時速ランキングTOP10【2024年最新】

勝率による比較

勝率で比較すると、パチンコよりもスロットの方が勝率を高められるといえるでしょう。

スロットには、設定という機能があり、高設定を遊技できると勝ちやすくなる傾向にあります。

スロット台にもよりますが、設定6を遊技できると勝率90%を超える台も存在します。

また、スロットにはほぼ全ての台に、天井機能が搭載されています。

天井機能とは、通常時に決められた回転数で遊技しても大当りしなかった場合、強制的に大当りを発動させる救済機能です。

台によって発動するゲーム数は異なるので、事前に遊技するスロット台の知識が必要になります。

天井機能が発動間近のスロット台を狙い打ちすることで、設定が悪い台でも勝率を高められます。

スロットは、知識さえあれば勝ちやすい台を打つ前に見極められるので、パチンコに比べて勝ちやすいといえるでしょう。

爆発力のあるパチンコ機種ランキングTOP9!2024年最新版 爆発力のあるパチンコ機種ランキングTOP9!2024年最新版

パチンコとスロット初心者におすすめなのは?

パチンコとスロット初心者におすすめなのは?

パチンコとスロット、どちらが初心者におすすめかというと、断然パチンコになります。

スロットは、知識や目押し力がない人が遊技すると、勝率が大きく下がるので初心者にはおすすめできません。

一方パチンコは、盤面の指示にしたがって遊技していれば、ほぼ全ての人が平等に遊技できるので、遊技する人による差がほとんど発生しません。

ただし、パチンコは遊技しやすい反面、1日打っても大当りしない場合があるので注意が必要です。

それでも、

「パチンコで最低1回は、大当りを獲得したい!」

と思う方も中にはいることでしょう。

そういった方は、游タイム搭載機種を打つことをおすすめします。

游タイムとは、スロットの天井機能のパチンコ版で、通常時を決められた回転数消化することで、ほぼ100%近く大当りが獲得できるだけの時短が付与される機能です。

游タイムは、全てのパチンコ台に搭載されているわけではないので、事前に游タイム搭載機種かどうかを確認しておく必要があります。

游タイムが発動すれば、大当りをほぼ獲得できます。

初心者の方は、財布のひもがゆるむ傾向にあるので、まずは游タイム搭載機種を打つことからはじめ、節度ある遊技を心がけましょう。

パチンコが当たらないのはなぜ?遠隔や設定が原因なのかその理由を解明【助けて】 パチンコが当たらないのはなぜ?遠隔や設定が原因なのかその理由を解明【助けて】

まとめ:パチンコとスロットの違いとは?

まとめ

パチンコとスロットの違いについて解説してきました。

初心者の方は、知識があまり必要ないパチンコから遊技をはじめ、スロットを遊技する場合は、低レートで遊技して動体視力と台の知識を身に着けてから徐々にレートを上げるようにしましょう。

パチンコ・スロット両方の知識を身に着けることができれば、勝率をより高められるので、この機会に勉強することをおすすめします。

この記事を読んで、パチンコ・スロットを実際に遊技して、その面白さを実感してみてください。

パチンコバナー

\パチンコがリアルマネーで打てる!/

新規登録で特典ゲット!